≫≫≫ ☆ もくじ ☆ ≪≪≪
「もくじ」がちょっと新しくなったよ

2018年11月27日火曜日

今日は『ドリームキャスト』が発売された日だって♪

ようこそ! すべてがハッピーエンド 童話でHappy♪ 
少しでも和んでいただければ幸いです🙌🎉


   🎊新着情報🎊
    👦あの世がご縁をくださった【前編】/【後編】🎇NEW🎇
      元のお話「カメの恩返し

     死んでしまったハチベエが、あの世で不思議なご縁に出会った。

    😃いい奴は陽の目を見ない

        元のお話「おたばこ入れ 」「出来心 」
     なんにも無い家に忍び込んだ泥棒がとった行動とは?


    🐢カメの長老は知っています元のお話「ライオンとプロメテウスとゾウ」
     悩みのあるウサギはカメの長老と出会いました。

 
    👉これを読んでみて👍
    💗字を教えて 元のお話「柱という字」
        お母さんと女の子のちょっと微笑ましいお話。

    😁ぽっかぽか火の用心 元のお話「ほどほどに」
     心がホッコリと暖まるお話

    🌁太陽と北風と雲と 元のお話「北風と太陽」
     太陽と北風に憧れる雲のお話。

    🙏かさ地蔵っこ 元のお話「かさじぞう」
     お爺さんとお婆さんはまちへカサを売りに行きます。

    😪医者に説法 元のお話「貧乏医者」
     和尚の元へ相談に来た医者に、言った言葉とは?


     初めてお越しの方は ◎ 童話でHappy♪のしおり ◎
     お話を探したい方は ☆ 童話でHappy♪のもくじ ☆

     ※童話の更新は週1回(だいたい土曜日の夜)です(^0^)/


    💌ご意見・ご感想・ご連絡はコチラまで → dowahapi@gmail.com

このブログの全てのコンテンツの無断使用及び複製等はお断りいたします
           このブログの全てのコンテンツの無断使用及び複製等はお断りいたします
                                              (C) 赤原充浩


😊ある日ぃドコかで・・・
11月27日は『ドリームキャスト』が発売された日だって♪

アル:アルティナです(^o^)
フィ:フィーエでございます。よろしくお願いしますm(-_-)m
アル:あれ、フィーエさん、昨日のパルプンテ引きずってますか?
フィ:ううん、ちょっと丁寧に挨拶してみただけだよ。
アル:そうですか、いつものフィーエさんでよかったです。
   昨日のノリのままじゃ、ちょっとやり辛いですからね。
フィ:昨日のことは、よく覚えてないの、でもまぁいいわ、
   早く本題に入りましょ。
アル:そうですね、本題に入りましょう!ヽ(^o^)丿
フィ:今日はドリキャスの発売日だってね。
アル:そうなんです。1998年に発売されました。
フィ:そして今年は2018年、ちょうど20年の節目の年ね。
アル:ハイ、ついでにメガドラも30周年ということで、
   専用サイトが開設されています。
フィ:一番輝かしいハードと、一番哀愁漂うハードの共演ね。
アル:そうですね、ある意味対照的なハードですね。
フィ:色も、黒と白だしね。
アル:ドリキャスと言えばフィーエさん、なにか思い出ありますか?
フィ:そうね・・・・・しゃべる魚、かな。
アル:あ、あれは一応、魚ではないらしいですが、でも、やっぱり
   あれが一番思い浮かびますよねぇ……(^^;;
フィ:それと「シェンムー」かしら?
アル:そうですね、待ちに待った、って感じでしたよね。
   そう言えば11月22日にPS4で「シェンムーⅠ・Ⅱ」が発売された
   そうですよ。
フィ:へぇー、でもさぁ、シェンムーといって思い出すのは、
   やっぱり、湯川センムーだよね。
アル:悲しい末路を辿ったドリキャスの中で、
   一番輝いていたキャラクター、って感じですね。
フィ:さすがは秋元康。
アル:フィーエさん、意外に業界通?*゚д゚)?
フィ:あたりまよ~、チェキッ娘よね。
アル:うわぁ、ドリキャスの話題からそこまで飛躍するなんて(´□`)ゞ
   でも、秋元さんはチェキッ娘には直接携わってないんですよね。
フィ:えっ、そうなの? アルティナこそ、マニアックだね。
アル:まぁ、それはオイトイテ\(^-^\) (^-^)
   ドリキャスは、とにかくセガらしいゲーム機でしたね。
フィ:斬新なのに、活かしきれないのよね。
アル:そう、インターネットにビジュアルメモリにぷるぷるぱっく、
   こっそりプレイデータの保存などなどなど、
フィ:なにげに、ウインドウズファミリーだよね。
アル:XBOX以前に!!
フィ:スゴイねぇ~。
アル:ほんとにスゴイです。いつも先に行きすぎて、
   誰も着いてこないどころか、自分たちも活かしきれない。
フィ:立派すぎて誰も乗れないマシンを作られてもねぇ……。
アル:出た、いつもの辛辣なフィーエさん!
フィ:その点、京都の会社はスゴイよね、未だに新しい遊びを
   クリエイトしてる。
アル:そうですね、敵わない、って感じですね。
   って、それより、そのどこかで聞いたことがあるような、
   キャッチフレーズ懐かしいです。
フィ:ふふふ、って、どうでもイイけど、こんなマニアックな話で、
   今日のこのコーナー成り立ってるの?
アル:作者の趣味のコーナーですから。
フィ:あの人に語らせたら、いつまでたっても終わらなそうね。
アル:そうですね、語らせない方がイイです。
フィ:じゃぁさぁ、今日はもう終わりにしよう!
アル:そうしましょう。
   あ、では、ここで問題です。ドリキャスの最後の
   ソフトはなんでしょうか!
フィ:え、なに、問題になる位だから有名タイトル?
アル:正解は『カラス』でした(日本国内2018年現在)。
フィ:( ̄。 ̄)ホーーォ…。
アル:はい、そんなリアクションで、今日はこれまで。
   また明日ー。
フィ:明日は、普通のノリでやれますよーに( -人-)タノム

0 件のコメント: