※童話の更新は週1回(だいたい土曜日の夜)です(^0^)/

≫≫≫ ☆ もくじ ☆ ≪≪≪

2018年5月19日土曜日

客を取られた占い師

昔々の話です。

とある村に女性の占い師がいました。

占い師は白い頭巾をかぶり、
村人たちの悩みごとや不安なこと聴いては、
的確に助言をして解決していました。

未来のことが分かる!

と評判になり、うわさは隣の村にまで広がり、
今日も占って欲しいという人たちが集まって、
順番待ちの長い列を作っていました。

「大変だー!!」

その列の横を、血相を変えた1人の男の人が
走って来ました。

行列の先頭の人は迷惑そうな顔をしながら、

「ちゃんと並びなさいよ」

と言うと、走って来た男は慌てた素振りで、

「それどころじゃないんだよ!」

と、占い師に目をやり言いました。

「占い師さん! あんたの家が燃えてるよ!」

「なんですって!!」

占い師は驚いて立ち上がると、すぐに走り出しました。

慌てて走って行く占い師の後ろ姿を見ながら、
男はほくそ笑みました。

(フン、慌てやがって、いい気味だ!)

男は、隣の村の占い師です。

この村の占い師に客を取られて、悔しい思いをしていたので、
一泡ふかせてやろうと、隣の村からやって来たのです。

男は、占い師の後を追いました。

行列に並んでいた人たちも「大変だ!」と着いて来ます。

やがて、占い師は一軒の家の前で止まりました。

男は、ゼー、ゼー、ゼー、と肩で息をする占い師の
肩越しから家を見ました。

この辺ではごく普通の家で、
外からは火の手は確認できませんでした。

占い師は家の中に入っていきました。

男の周りには、占いの列に並んでいた人たちや
関係の無い村人たちが集まって来ていました。

大勢が見守る中、
占い師はすぐに家から出てきました。

何人かが占い師に近寄り、訪ねると、

「家は燃えていませんでした」

と、占い師は静かに答えました。

集まって来た人たちの多くは「よかった」と
胸をなで下ろしました。

そして、占い師が集まっている人たちに笑顔を向けて、
声をかけていた時、男は大声を張り上げました。

「さぁ、さぁ、ここに集まりの皆さま!
 私の声を聴いてください!」

占い師も含め、人々の目が男に向けられました。

男は両手を広げ、続けました。

「ここの家に住んでいるかたは、評判の占い師さまです!
 未来が分かると言われていますが、それは本当でしょうか!
 私は怪しいと思います!」

男は占い師の顔を見ました。

なにを言うの! という目で睨みつけています。

男は、集まっている人々に目を移し話を続けました。

「だってそうではないですか!
 自分の家が燃えているかどうか、
 慌てて確認しなければならないのですから!
 本当に未来が分かる占い師なら、
 家が燃える未来だって分かるはず!」

男は間を置いてから、

「みなさんは、だまされていませんか?
 このインチキ占い師に!」

と、占い師を指さしました。

男が言い終ったあと、誰もなにも言えずにいました。

ここに集まっている人々は、殆どが占い師を信じて
順番待ちの行列を作っていた人たちです。

その占い師を否定する発言を男がしたのです。

なんとも言えぬ雰囲気に包まれるのが当然です。

困惑している人々の中で、男だけが、
勝ち誇った顔で、占い師を見ていました。

占い師は、無言で男に視線を返しています。

男は思いました。

(フン、なにも言えまい。オマエはこれで終わりだ)

一泡ふかしてやろうという計画が成功した、
と思った男の唇は、ニヤッと不敵につり上がりました。

「それがどうしたのよ」

そんな声が、男の耳に入って来ました。

一瞬、占い師が言ったのかと思いましたが、違います。
その横で寄り添っている女性が声を出したようでした。

男がその女性を見ると、女性は鋭い目を向け、

「それがどうしたのよ!」

と、もう一度、力のこもった声で言ったので、
男は少したじろぎました。

女性は続けました。

「私は、何度も助けられました」

「へ?」

男は、女性の毅然とした声に圧倒され、
変な声をもらしました。

すかさず女性は静かに声を出しました。

「あなたが、なにを言おうと、どう思おうとも、
 私は占い師さんを信じます」

女性が言い終わり、しばらくすると、

「私も、助けてもらった」

「俺もだ!」

と、人々のあちらこちらから声が上がりました。

その声は、やがて強くなっていきます。

そして人々は男に向かって鋭い視線を送りながら、
口々に厳しい声を上げました。

そして、男を取り囲むように近づいて来ます。

男は後退りしましたが、後ろにも大勢の人がいます。

男は耐えきれず、その場で頭を抱えて、
うずくまってしまいました。

そんな男の肩に、静かに手が置かれました。

男は“ビック”っと少し肩を上げましたが、
頭を抱えていた手を静かに外し、顔を上げました。

目の前には占い師がいました。

そして、優しい口調で言いました。

「あなたは、隣村の占い師ですね」

男はビックリして目を丸くしました。

「私が、あなたのお客さんを取ってしまったと思って、
 このようなことをしてしまったのですね」

男は“ゴクリ”と唾を飲み込みました。

占い師は続けます。

「あなたの気持ちは分かります。
 でも、あなたは間違っています」

なにも言えずにいる男に構わず、占い師は、

「私があなたのお客さんを取ったのではありません」

と前置きをしてから、落ち着いた口調で続けました。

「あなたは占い師でありながら、
 『人を助けることができなかった』
 ───それだけのことです」

男は目を見開きました。

心の中を見透かされた、そんな思いにかられた男は、
全身が熱くなるのを感じました。

「あなたに必要なのは、人を思いやる心です」

そう言う占い師の声が、終わるか終わらないかの内に、
男は勢いよく立ち上がると、人々をかき分けて、
物凄い勢いで走って行きました。


男が去ったあと、すぐに占い師はもとの場所に戻り、
人々は、何事もなかったように、列を作りました。


おしまい。



今回のもとのお話はコチラ

福娘童話集『 占い師 』
http://hukumusume.com/douwa/pc/aesop/05/16.htm



━━━ お話はここまで ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ご意見ご感想、お待ちしています(^0^)/


0 件のコメント: