≫≫≫ ☆ もくじ ☆ ≪≪≪
「もくじ」がちょっと新しくなったよ

2017年9月2日土曜日

ロバとイヌのエサ探し

ロバとイヌが仲良くエサを探していました。

道のとちゅうで向う側からネズミが歩いて来たので、
イヌがたずねました。

「いやぁ、ネズミくん、この先にはエサがあったかい?」

ネズミは道の先を指さしながら答えました。

「うん、この先に看板(カンバン)があってね、
 そこにエサのある場所が書いてあったよ」

エサがあると聞いてロバとイヌは大喜び。

ネズミに礼を言って、

「エサがあるって!」

「ウン、おいしいのがあるとイイね!」

と、ウキウキした気分で歩きました。

しばらく歩くと、看板がありました。
ネズミが言っていたものでしょう。

ロバとイヌは看板に近づき、字が読めるロバが、
イヌにもきこえるように読みました。

「この先、三本の木が立っています。一番左側の木の下に、
 たくさんの麦があります、だって!」

看板を読んで、麦が大好物のロバはうれしそうな声をあげました。

イヌは麦が食べられないのでガッカリしましたが、
ロバがうれしそうにしていたので、

「麦だって、よかったねロバくん」

「ヒヒヒーン、ありがとうイヌくん」

「ところで、看板には他になにか書いてない、肉とかホネとか」

ロバは看板を読み返しましたが、

「他には、何も書いてないねぇ」

「そっかぁ……」

イヌはガッカリしました。

ロバはキョロキョロと辺りを見わたしました。

イヌがあまりにもガッカリしていたので、
他にイヌのエサの情報は無いかと思ったからです。

「あ、」

ロバは何か見つけました。

「ねぇ、ねぇ、イヌくん、あっちにも看板がありそうだよ」

と、ロバは走りました。

イヌはもロバを追いかけました。

看板の前に来ると、ロバは書いてあることを読みました。

イヌはシッポをふって、ロバの読む声をききました。

「三本あるうちの、まん中の木の下には、
 人間が置いて行った干し草があります、だって」

「干し草か~」

イヌはガッカリしました。
また食べられるものでは無かったからです。

「ロバくん、そっちもキミが食べるといいよ」

と、イヌは力なくいいました。

ロバはイヌがかわいそうでしかたありませんし、
自分一人でエサを食べる気にもなりません。

もう一度、キョロキョロと辺りを見わたしました。

しかし、もう看板は見当たりませんでした。

とりあえず、ロバとイヌは三本の木のところまで
行ってみることにしました。

さっきまでは楽しい旅だったのに、今は二人とも、
ガッカリして歩いていました。

そして、三本の木に着きました。

左側は一面の麦畑、その横には干し草がさくさん積んでありました。

その光景に、ロバは今にもよだれがこぼれてきそうでした。

しかし、となりでガッカリしているイヌの姿をみると、
素直に喜べませんでした。

ロバは、なにか無いかとキョロキョロ探していると、
遠くに緑色の何かを見つけました。

「イヌくん、あの緑色のものはなんだろう」

イヌも見ました。それは右側の木のずっと先にありました。

「なんだか、赤いのものも見えるね」

「行ってみようか」

二人は右の木の向う側へ走っていきました。

「あ、カンバンがあった」

ロバはすぐに、書いてあることを読みました。

「おいしいトマトです、だって」

「トマト!」

イヌはさけびました。

「食べれる?」

と、ロバは、おそるおそる聞きました。

「うん、まえに食べたことある、
 あまずっぱくて、みずみずしくておいしいよ」

「やったね!」

ロバは喜びました。

そして、

「みずみずしいのなら、ちょうど、のどがかわいたから、
 ボクも食べよう!」

と、ロバが言いい、二人は仲良くトマトを食べました。

「おいしいね」

「うん、のどがうるおうよ」

ロバとイヌはおたがいの顔を見ながら喜びました。

そして、しばらく二人はトマトを食べて、
大満足してかえりましたとさ。


おしまい。



今回のもとのお話はコチラ

福娘童話集『 一緒に旅をするロバとイヌ 』
http://hukumusume.com/douwa/pc/aesop/11/28.htm



━━━ お話はここまで ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



☆ちょこっとHappy♪☆


この物語は、アドラー心理学でいう所の「共同体感覚」の
一部分なのかもしれません。


※ちょっと話が長くなるので、飛ばしたい人は、下の方にある
ぴょ~ん、まで、飛んでください。


ロバはイヌのためにエサを探そうと行動します。

ロバは自分のエサが見つけられたのだから大喜びして、
一人で走り出して、エサを食べようとしてもいいはずです。

でもロバはそうしませんでした。
イヌのエサがまだ見つかっていないからです。

アドラー心理学では共同体感覚の他に
「課題の分離」というものがあります。

簡単にいうと、今、目の前にある課題は誰の課題かを考える。

イヌのエサが無い、と言うのは、本来、イヌの課題であって、
ロバの課題ではない。

エサを探すか、このまま空腹でいるか、考えるのはイヌであって、
ロバは悩む必要は無い、と言うことです。

でも、ロバはイヌのエサ探しを必死にしました。

それこそイヌ以上に。

ロバはイヌと一緒にエサを食べたい、と思っていたからです。

イヌと一緒にエサを食べるためには、
イヌのエサが無いと実行できません。

つまり、ロバにとってイヌのエサ探しは自分の課題となったのです。

ところで、ロバがイヌとエサを一緒に食べたい、
と思ったのなぜでしょう?

ロバだけがエサを食べると、イヌとの関係が
気まずくなる可能性があると感じたからでしょう。

つまり、イヌとの関係を壊したくない、とロバが思っていたから、
イヌと一緒にエサを食べたいと思ったのでしょう。

ロバとイヌという共同体にとって、一番いい行動は何か、
と考えたロバはイヌのエサを探す、という行動を選んだ、
という訳です。




ぴょ~ん

たまに、自分の欲求だけ満たされると、
すぐに裏切るひとがいますよね。

ホント、ガッカリします。

でも、ロバみたいに友だちのために行動できる人がいると、
心が穏やかになります。

尊敬もします。

そんな友だちがいたら、ずっと付き合っていたいと思います。
そして、自分もこいつのためになんかしよう、と思います。

そんなやり取りが、人間関係を長持ちさせるコツなのでしょうね。

この物語のロバとイヌが一緒にトマトを食べているときの顔を
想像してみてください。

とっても幸せそうだろうなぁ~、と独りでに微笑んじゃいます。

えっ、微笑んじゃうの、私だけ(^^?


~今日のHappy♪ポイント~

『 この関係を続けていくために何ができるのか? 』


ご意見ご感想、お待ちしています(^0^)/


0 件のコメント: