※しばらくの間、童話の更新は週1回(土曜日の夜)のみになりますm(_ _)m

≫≫≫ ☆ もくじ ☆ ≪≪≪

2017年11月14日火曜日

【日記】ポジティブに捉えよう、って言われても……

世の中の現象、ってすべて同じことが起きているんです。

例えば、屋外で大勢の人がいるところで雨が降っていたとしたら、
自分も雨が降っているところにいるし、隣にいる人や
周りの人のところにも雨は同じように降っています。

それを文章で簡単に表現すると、

屋外で大勢の人がいるところに雨が降っている、

になります。

でも、その雨の中にいる大勢の人、1人1人に訪ねると、
ある人は、濡れるのがイヤ、と思っていたり、
ある人は、涼しくなって気持ちイイ、と思っていたり

別の人は、カサ忘れた、ツイてない、と舌うちしていたり、
別の人は、可愛いカサ買いに行ける! と喜んでいたりします。

同じ現象なのに、捉え方はバラバラです。

自己啓発書などには、こんなフレーズがよく出てきます。

“ようは、捉え方次第”

“ポジティブに捉えましょう”

屋外で雨が降って来て、ポジティブに捉えるなんて、
なかなか難しいなぁ、と思っちゃいます。

それに、なんでもかんでもポジティブに! となると、
なんか逆にストレスが溜まります。

そうは思いませんか?

そこで、です。

ポジティブとかネガティブとかでなく、
ツイてる、ツイてない、でもなく、

ちょっといったん立ち止まって考えてみるのはどうでしょう。

さきほども書きましたが、実は、ただ単に、

屋外で大勢の人がいるところに雨が降っている、

だけなのです。

それは、ツイていることでも、
ツイてないことでもなく、

気象現象、です。

あなたのツキや運は、気象現象と関係ないんです。

関係があるのなら、間違いなく!

あなたは神さまです。

あなたが神さまではないのなら、嘆いたり、喜んだりする前に、
現状を踏まえて、今できるベストのことを始めてみませんか?

ベストが無理なら、ベターなことでもかまいません。

そうすると、状況はひとりでに、ちょっとだけ、
ポジティブな方向へ進むとは思いませんか?

なにかが起きたら、感情で捉えないで

(感情が出てきてもちょっと立ち止まって)

状況としてとらえて、その時できるベストな行動をとってみる。

これをするだけでも、イヤな気分を味わうことなく、
無理せず、ポジティブな方向へ進めると思いますよ。

0 件のコメント: