※しばらくの間、童話の更新は週1回(土曜日の夜)のみになりますm(_ _)m

≫≫≫ ☆ もくじ ☆ ≪≪≪

2017年10月18日水曜日

安寿姫草紙(あんじゅひめものがたり)

『 安寿姫草紙 』 三田村 信行 作


この小説は、古くから日本に伝わる物語をもとに作られています。

私も、一応、もとがあるお話をアレンジして物語を作っているので
感想を書くのも、どうしても思い入れが強くなってしまいます。
なので “ ※※※ ” の間の文章は、ネタバレ注意です。


舞台は平安時代(明確には説明されていません)
陸奥国岩木六郡を納める岩木判官正氏。
その娘、安寿姫を中心に、家族に起こる数々の災いに、
力強く立ち向かい生きて行こうとする、姉弟の感動物語です。


※※※ ここから先は、ネタバレ注意です ※※※


『 全編、安寿姫視点で描けばよかったのに! 』

私の感想は、この一文に集約されます。

良い物語なのに、もったいない、
実に、もったいない小説です。

エピローグに書かれていることを、
安寿姫と一緒に体験したかった。

もし、一緒に体験できたのなら、
こんなに面白い物語はなかったと思います。

エンターテイメントとしても、或は、
安寿姫の葛藤を描いた文学としても、
秀逸な展開になったと思います。

それだけに、ネタを出し惜しみするような展開が
残念でなりません。

おもしろい内容なのだから、
自信を持って(大作家先生におこがましいですが(^^;)
時系列に順序良く綴って欲しかったです。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


それでも、物語は昔から語り継がれて来た名作なので、
楽しめることは間違いありません。

児童書としては分厚く、文字も小さいです。
しかも遠い時代の話なので、難しい言葉がたくさん出てきます。

これを最後まで読むことができた子どもは、
読書に対して自信が持てるようになるでしょう。

残酷かなと思えるシーンもありますが、
最後は心温まる物語です。

秋の夜長、素敵な古典作品を、堪能してみるのはいかがでしょう。

安寿姫草紙 (ノベルズ・エクスプレス)

新品価格
¥1,620から
(2018/3/21 18:08時点)



0 件のコメント: